国家試験を受験し、取得する方法

 

 試験は科目合格制度が導入されています。そのため不合格だった場合でも、どれか1つでも合格した科目があれば、次に試験を受ける場合申請をすればその教科は受験免除になります。免除の期間は合格した年の初めから3年以内です。


例:水質関係第4種公害防止管理者試験の場合

試験科目 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
公害総論 免除 免除 ×
水質概論 × 免除 免除
汚水処理特論 × × × 免除
合格判定 不合格
(科目合格)
不合格
(科目合格)
不合格 不合格
(科目合格)
合格

「○」は合格,「×」は不合格,「免除」は本人の申請により試験が免除されたことを表す。

 上表のように、科目合格をすればその科目については3年以内(試験回数で言えば2回)免除となります。つまり、申請すれば受験する科目が減るということです。以前の制度に比べて何年かかければ合格できる可能性が高くなったといえるでしょう。


さらに、平成18年以降に実施された試験で1つでも合格した人が、他の試験区分を受験する場合、既に合格している試験区分の科目と同一の科目は申請することによって免除となります。 科目合格制度と言うらしいですが、これまた受験する人にとっては有利ですね。

ただ、残念ながら平成17年以前に合格された人はこの制度に乗っかれませんのでご注意を

この制度の具体例としては、平成18年以降の試験で水質4種を合格した人が、水質1種に受験したら下表のようになります。

 

水質第4種
試験科目
公害総論
水質概論
汚水処理特論
合格
水質第1種
試験科目 受験状況
公害総論 免除
水質概論 免除
汚水処理特論 免除
水質有害物質特論
大規模水質特論
合否判定 合格
(資格取得)



 この制度を使えば、4種から勉強して1種にレベルアップするというやり方もありなのかな・・・

平成19年度合否判定基準

科目別合格

当該科目の合格者は、各試験科目において合格基準を満たした者とします。

試験区分合格(資格取得)


当該試験区分の合格者は、各試験区分に必要な試験科目の全てに合格した者とします。

(注意)従来の合格基準と異なりますので留意願います。
平成19年度の試験においては、平成18年度の合格基準(試験区分ごとに、各科目の正解率が40%以上で、
かつ当該試験区分の全科目の正解数を全問題数で除した比率が60%以上。)は適用いたしません。

科目別の合格基準については、平成19年度国家試験終了後に開催する予定の公害防止管理者等国家試験試験員委員会において決定いたします。